物として診察台に置かれたる体内をメカ蠢いてをる



画像


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

物として診察台に置かれたる体内をメカ蠢いてをる

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 去年の夏、前立腺癌を発見してもらいました。

 黒先生は、「私が手術しましょう」と言いましたけれど、内教授は、「悩ましい。もう少し様子を見てみよう」ということで、検診を継続していました。
 少しずつ数値が下がって、秋には、もう癌の存在がありえない数値まで下がりました。
 癌が消えてくれたのです。

★★★  『 “癌細胞”も、私の一部… 』
♪♪♪  

 こんな楽観的な遊びを遊んでいました。
 けれど、この楽観的な遊びが、ほんとうに癌を消滅させてくれたんだと、今では信じているんです。

★★★  『 神様が仁を応援してるんだ  by ふぅ  』
♪♪♪  

★★★  『 露草や尿出るうれし嬉かな 』
♪♪♪   

★★★  『 存えて故郷歩く嬉しさよ 』
♪♪♪   

★★★  『 今日よりは癌とも遊ぶ虫の声 』
♪♪♪   

 JOCOSOの日記をすこし辿ってみました。
 今も、同じあい風をもらいつづけています。今日も、光呼が、いっぱい、いっぱいあい風送ってくれました。
 エコー検査しましたけれど、もう、ほとんど形跡もないほどになっていたそうです。

 細胞が喜ぶと癌が遠慮する、というミラクルを信じます。



画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック